乾燥肌に、おすすめのクレンジング

乾燥肌に、おすすめのクレンジング

乾燥肌ならクレンジングには十分気を付ける


乾燥肌だからあまりクレンジングや洗顔をしたくないと思っていませんか?

確かにクレンジングや洗顔をすることで、より一層肌も乾燥してしまいます。

しかし、だからといってお化粧を落とさないわけにもいきませんし、洗顔も同じですよね。

乾燥肌というのは水分が蒸発しやすい状態にある肌であるため、ただクレンジングや洗顔をしただけでは、かえって乾燥が進んでしまうという悪循環に陥りがちです。

だから乾燥が進みやすいクレンジングや洗顔を避けたいとなるわけです。

では、乾燥肌の人はどうすればいいのでしょうか?何かよい方法はないのでしょうか?

実は、乾燥肌の人にとってスキンケア以上にクレンジング選びにポイントがあったのです。

乾燥肌ならクレンジングは刺激を考えて!

クレンジングは肌にとって刺激の強いもの。乾燥肌の場合、できるだけ刺激の少ないものを選択したいものです。

しかし刺激の少ないものは洗浄力が弱く、しっかり化粧を落とすことができないこともあります。

肌に化粧が残ってしまうと肌の乾燥をさらに悪化させることにもなります。ですからきちんと落とすことも大切なことです。

クレンジングの際、肌への負担を抑えることができれば乾燥肌の改善に役立ちますから、使用するクレンジング剤を十分検討することが大切となるのです。

ちなみに負担を少なくすることを考えるとクレンジングと洗顔が一度で済ませることができるものがオススメです。

クレンジングだけでなく洗顔も肌に負担がかかります。これを一度で済ませることができるのは、大きな負担軽減となるのです。

クレンジングはさわり心地、伸びやすさも大切

肌を乾燥させないためにクレンジング選びは、特に重要なものです。

肌への負担が少ないものを選択することはもちろんのこと、使いやすいものであるということも大切です。

伸びがよくないものを使用すると、どうしても肌の上で伸ばすために必要以上に力が入ってしまうもの。これもまた肌に負担をかける原因となるのです。

成分的には刺激が少なく乾燥肌の人でも使えるものであっても、力を入れすぎ負担をかけてしまっては元も子もありません。

ですから使いやすいものであるということも肌へ負担をかけないために大切なポイントとなるのです。

乾燥肌の人におすすめしたいクレンジング

乾燥している肌に負担をかけず、クレンジングするのにおすすめなのがクリームタイプのものです。

中でもザ クレンジングバームはダブル洗顔が不要ということで人気があり、使い心地も良く乾燥肌の人におすすめです。

ザ クレンジングバームは最初は使いやすい固形バームですが、肌になじむことでクリーム状となります。ですから肌にすっと馴染ませることができ、短時間で化粧を落とすことができるのです。

まるで肌の上でとろけるような感覚は癖になる感覚ですよ。

力を入れずに化粧を落とすことができるため肌に負担をかけることなく化粧を落とし洗顔も行うことができます。

何よりも気持ち良く使用することができるのがうれしいですね。

汚れが落ちているかは毛穴を見ればわかる?

クレンジングでは、化粧を落とすことを考えがちですが、化粧だけでなくきちんと汚れを落とすことが大切です。

汚れが残っていると肌の負担となり、それが乾燥の原因となるのです。

特に乾燥肌の人はきれいに汚れを落とすことで、そのあとのスキンケアが活きてきますから丁寧に行いましょう。

汚れが落ちているのかの目安は、毛穴の汚れをチェックすることでわかります。

毛穴が目立ってまるでイチゴのような肌になっているなら、毛穴に汚れが残っている証拠です。

きちんと汚れを落とすことができていれば毛穴が黒くポツポツとなるようなことはありません。

クレンジングできちんと汚れを落とすことができていれば毛穴は目立たないわけです。

乾燥肌に水分を補給するために!

肌の乾燥に困っている人は、化粧水をしっかり使い、とにかく肌に水分を与えたいと考えることでしょう。

しかし、いくら肌に水分を与えても乾燥肌の場合には、肌から水分が蒸発しやすい状態になっているので、ただ水分を与えるのではなく健全な肌に戻してあげることも必須になります。

きちんと肌の汚れを落とした上で、肌の潤いを維持するために必要な栄養を与えてあげることが大切なのです。

そこで使ってみて欲しいのがザ クレンジングバームです。

ザ クレンジングバームをおすすめする理由は、洗浄成分だけでなく低刺激な上に保湿成分が配合されているという点にあります。

ザ クレンジングバームには毛穴よりも小さな毛穴クリアカプセルが配合されており、毛穴の奥の汚れも取り除くことができる上、保湿成分も配合されているので毛穴の奥へも保湿成分を浸透させることができるのです。

刺激も少ないので乾燥肌の人におすすめというわけです。

 

おすすめ!
カテゴリ
最新の投稿